家族の風景

2013年1月18日

先日運転中にラジオから流れてきたこの曲でちょっと目頭熱くなっちゃった。

超私事ですが、今年はおかげさまで結婚10周年!なんです。その10年前の結婚式のとき、BGMを選ぶのがもう楽しくて!

結婚式で一番のクライマックス、涙を誘うシーン、最後の、「新郎新婦から両親へのお手紙朗読」的なところでBGMに選んだのが、この曲「家族の風景」なんです。

横で奥さんが泣きながらお義母さんへお手紙を読んでいるのにはたまらず、恥も外聞もなく新郎(自分)も涙をこらえることができず、バッチリ泣いちゃいました。

そしてそれから数年後、母に改めてこれを聴かせたら涙を流してました。

そう、この歌にはすごい力がありますよね。

永積タカシさんの歌詞の力です。

[キッチンにはハイライトとウイスキーグラス
どこにでもあるような 家族の風景
7時には帰っておいでとフライパンマザー
どこにでもあるような 家族の風景]

うん、昭和、僕が小さい頃はホントにこんな感じだった。

「お母さん、お父さん、兄弟姉妹、みんなありがとう」ってなる。

そして今自分にも奥さん(お母さん)、息子、という家族がいる、そのことをかみしめながらこの歌をきいたら、なんだか熱いものがこみ上げてきたんです。

息子が将来、感謝したくなるような家族を作っていかなければ、そんな風に思ったりして、2013年、今年も1年頑張るぞ!

みなさまどうぞ今年もよろしくお願いします!

 

そして、宣伝です。笑

札幌からも素晴らしいシンガーソングライターの待ちに待った作品が世に出ます。

来週1/25発売開始。

古舘賢治ソロアルバム「すきとおったほんとうのたべもの」発売記念ライブ!@ジャムジカ

あります。ぜひ!

素晴らしい作品です!

 

家族の風景→ハナレグミ→Jamaica Song→Bob Marley →no woman no cry→the fugees→Lauryn Hill→「天使にラブ・ソングを2」→Oh Happy Dayという流れで動画はこれになっちゃった笑。

広告

ありがとうございました!

2012年12月31日

I wish you a merry christmas

2012年12月5日

さてさて今年もいよいよ1ヶ月切りましたね~、まったくいつもながら、1年なんてあっという間に終わってしまうんですよね~。

不思議なもので年末恒例の行事、クリスマス~大晦日~お正月というのはいくつになってもなんだかそわそわするものなんですね~。

もちろん年齢、立場、環境など、それぞれが置かれている状況によって多少の違いはあるものの、楽しみにしてたり、ただ忙しさに追われてそれどころではなかったり、なかにはこの行事が疎ましいと思っている人もいることでしょう。

それでも世界共通で、なんだかその時には、happyになるものなんですよね~。なにかわかりませんが、この1年頑張ったことに対する安堵感、達成感、もしくはそうではなかったけど、とりあえず一区切りつけて、また来年は~したいとか、気持ちの上でも良くも悪くも区切りをつけられるのでしょうね。

今年のジャムジカはどうだったんだろうな~、8周年というおめでたい数字の区切りをむかえ、気がつけばあと2年も頑張れば10年!

まぁ、来年の話どころか再来年の話になってしまいますね~オニ?何が笑うんでしょうか?笑

ということで、まずは直近のジャムジカおすすめクリスマスイベントをいくつかご紹介します!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

jamusica20121215

★12/15 (Sat) 【Jazz,Soul,Pops&more…

★高橋智美&早川絵里可 “2vocal LIVE”X’mas SPECIAL!!

★高橋智美(vo) 絵里可(vo) 工藤拓人(pf,key) 古舘賢治(gt) 大西慶人(b) 森田貴裕(b) 佐藤裕一(dr)

★¥2,000(要1 drink

★Open 19:30/Start 20:00

※先日、私めの誕生日ライブで贅沢にもバックコーラスを努めて頂いたお二人による楽しい2ヴォーカルライブ。J.wonderさんは出てきませんのでどうぞご安心して(笑)素敵な二人のボーカリストをご堪能ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

jamusica20121220★12/20 (Thu) 【Jazz

★JAMUSICA Special X’mas Jazz Live

★玉村優香(vo) 長沼タツル(g) 柳真也(b) guest 板谷大(p) ジョニー黒田(dr) 阿部裕一(tp) from DIXIE PRINCE

★¥2,000(要1 drink

★Open 19:30/Start 20:00

※今年は大変お世話になった素敵な若手ジャズボーカリストゆうかちゃんクリスマスライブ!彼女の素直で伸びやかな歌とトラッドな雰囲気の音を奏でてくれそうなメンバーの演奏をご堪能ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


jamusica20121221
★12/21 (Fri) 【Funk!

★”スタイリッシュ☆クリスマス☆ナイト!”

★EROctric FunkizatioN/キョシユウノシン(vo)柴田豊大(as)山田丈造(tp)古川巧馬(tb)清水康平(gt)谷越太紀(key)越智俊介(b)黒田泰平(ds) 

Opening act;JamusicaGatorBoys/Jiro(org),Kentaro(gt),Kazuma(ba),Sato-chang(dr)

★¥2,000(1 drink付)

★Open 19:30/Start 20:00

※今年まさに”飛ぶ鳥を落とす勢い”で頭角をあらわしてきたtp山田たけぞうくんなど、若いパワーが炸裂します!この日は会場をスタンディングで楽しめるようにします!ぜひパーっと派手に騒ぎませんか~?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


jamusica20121224
★12/24 (Mon) 【JAMUSICA Presents】“ジャムジカのクリスマスvol.2

★【band】古舘賢治(gt,vo) 工藤拓人(pf,key) 朝倉尚和(ba) 外園一馬(gt) 出田寿一(dr,per)

★【guest vocal】Natsu 井雲真理 すずきゆい 高井麻奈由 仲井友菜

★予約¥2,800/当日¥3,300 (1 drink付)

★Open 17:30/Start 18:00

※昨年シンガーソングライター古舘賢治さんとジャムジカの共同企画ということで開催、大好評を得ました企画の第二弾!2012年活躍の目覚しかった女性ポップシンガーをゲストに、札幌ポップシーンに欠かすことのできない磐石な豪華メンツバンドで大いに歌い上げます!18時開始と少し早くなっていますが、ジャムジカであたたまってそのあと街に繰り出してパーティー!なんてコースはいかがでしょうか?今年最後のジャムジカ1オシイベントです!ぜひお早めのご予約をオススメいたします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 jamusica20121225★12/25 (Tue) 【X’mas Special Jazz Live!】

★Understream Nonet/板谷大(p) 阿部裕一(tp)館岡紅介(tp)酒本ひろつぐ(tb)蛇池雅人(as)

山鹿俊孝(ts)菅原良太(bs)豊田健(b)黒田佳広(ds) guest 松田宮佳(vo)

★学割/¥1,500/予約¥2,000/当日¥2,500(要1 drink

★Open 19:30/Start 20:00

※札幌が誇るジャズピアニスト板谷大さんによる9人編成の小編成ビッグバンド。緻密なアレンジと豪快な演奏によるゴージャスなジャズサウンドをお楽しみください!さらにこの日はクリスマススペシャルということで札幌が誇るコーラスグループHoney Veeより松田宮佳さんをゲストにより一層ゴージャスなサウンドに!平日ですが、大人なクリスマスを過ごすには超オススメです!ぜひご予約を!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上、イベントにクリスマスライブ!と銘打っていいるものをご紹介しましたが、この他にも毎日ライブ演奏をしております。時期的に「え!このバンドがクリスマスソングを!意外~!」みたいなこともあったりなかったり笑!?しますのでぜひスケジュールをチェックの上これぞというライブイベントを見つけてみてください!

http://www.jamusica.jp/

☆少し早いですが、2012年大変お世話になりました!来年も心を込めていい音楽をお届けしていきます!どうぞよろしくお願いいたします!

皆様が幸せな2013年をお迎えできることを心よりお祈り申し上げます!

多謝!

2012年12月3日

 

we are the world

2012年11月1日

最近放置気味だったブログ更新にやっと手をつけてみます。笑

といってもライブ告知というやつです。

ドーン!

やはりライブをやるからには自分で告知しなければ!そうなんです、ライブやるんです。歌います!

僕の今年の誕生日12/1なんですが、ちょうど40歳になるんで、なんとなくドカンとやってみることにしちゃいました。土曜日だし。

一応仕事の性質上毎年、年始に、その一年のカレンダーを見るんです。GWとか夏の店開業周年記念日周辺とか、年末(クリスマス関係)とかイベント時期をどんなふうに持ってくか頭の中でふわっと考えるんです。

そしていつものように年始にぼんやり見てたら、12/1の自分の誕生日が土曜日、しかも今年はいよいよかぁ~なんて考えてたら、ふと、よしっ!自分でBDライブやっちゃいますか~!なんて思いついちゃって。笑

ならいっそ、挑戦してみるか!アレに!ということで、若い頃から、1度はやってみたかった、Stevie Wonderを演奏するというよりは”なりきる”やつ!カバーではなくコピーですね。

さかのぼれば子供の頃”we are the world”をTV(小林克也全盛期!)で見たとき、だいぶ後半のレイチャールズの部分とステービーとブルーススプリングスティーンの掛け合いのところをすごく気に入って(ケニーロギンスの歌いまわしも好きだった。)一人でまねて歌ってたんですよね~、アホみたいに。笑

まぁそんな”アホなこと”を全力でやってみちゃおうかと思い立って、うん、とりあえず最強のメンバーを揃えなければと思い、1月から声をかけ始めて、12月の話なんで申し訳ないんですが、と言って、すんげーミュージシャンを次々と押さえさせてもらいました。みんなめちゃくちゃ忙しいのに快諾してくれて。もう役得というよりは半ば職権乱用ですね。笑

そして、やるからにはちゃんと聞けるものにしなければ、と思いボーカルレッスンなんてものを生まれて初めて体験してみたりして。

だんだん時が経つにつれてものすごい高いハードルを作っていたことに気がつきましたが、後の祭り。やばいやばい!笑

そんなこんなでいよいよ一ヶ月切りました!

そこそこ仕上がってきているつもりです!?

年末の忙しい時ですが、もしよろしければ冷やかし半分でよいのでぜひ来てみてください!

心から笑えるのは間違いないです!笑

よろしくお願いします!!!

http://www.jamusica.jp/index.html

これ改めてみましたが、ほんっとすごいですよね!あの人にあの人にあの人も!みたいな感じで!笑

ありがとうございます!

2012年8月12日

気がつけばジャムジカもなんと8周年!末広がりの“8”!周年!

いや~ほんとにめでたい!!!

思いおこせば2004年、のある日、たしか兄の栄転?就職祝い?かなんかで両親と僕夫婦と兄と食事(確か松尾ジンギスカン!?)に行った時のこと。

母が突然、「今度西28丁目のライブハウスが閉店するんで、店舗引き継ぐ人募集してるから、アンタたち(ボクら夫婦)私たち(両親)と一緒にライブハウスやらない?」と切り出してきた。

「えっ!えっ!?今日はそういう集まりじゃないんじゃないの?」

「そっち(兄のお祝い)はどうでもいいのよ」(とは言わなっかったかもしれないけど、そんな感じのノリで笑)

もちろん最初は二つ返事というわけにも行かず、一応は安定した会社員から、まったく将来の読めない自営業という身になることに不安を抱き、よ~く検討しました。

僕は当時雇われ料理人で、それはもうなかなか過酷な現場だったのもあり、将来的には自分の店、いわゆる“一国一城の主”的なものは理想系でもあったし、なにより好きな音楽(とりわけ古き良きアメリカンミュージック等)というただ1点においては母とリンクしていたのもあり、じゃあいっちょやるべー!ということになり、そっから話はどんどん進んで行きました。

ところが!

いざフタを開けてみれば。

そんな甘っちょろいもんじゃあ~なかったんですわ~!!笑

まあ~いろいろありましたわ~。

それから、なんと8年もうやらせてもらっているなんて(急にめちゃくちゃはしょりましたが笑)!

ほんとうに心から思うのはひとえにわざわざ足を運んでくれるお客様がいる!これこそが8年という年月を支えてくれたのです!これに尽きます!!!

ほんっとうにありがとうございますー!!

というわけで日頃ご愛顧いただいています感謝を込めまして、8・25(土曜日)周年イベントなるものをドーンと企画しました!

ぜひきてね!

という宣伝でした!

これからもよろしくお願い奉りまする~っ!

http://jamusica.jp/

今日はこの曲です!今頃石狩の大地がロケンロー!で盛り上がているからかな~!?

“~いつの日か輝くだろう、今宵の月のように~”

Heal the world

2012年7月15日

息子が2歳の誕生日を迎えました!長く、そしてあっという間の2年間でした。

ここ最近はなんだか胸が気持ち悪くなるようなニュースが続いていて、まぁいつもなんですが、昨年の震災から続く原発の問題に加えて、政治不信(財政や国防の問題)、さらには虐待やいじめ自殺(事件?)など子を持つ身としては将来への不安の絶えない世の中になってしまいました。

自分が幼い頃、昔はいい時代だったなんていうのはもはや通用しないです。そんなことを言っててもしょうがないです。時代の流れは早くそして大きく、刻々と変化していきます。

そんな時代に、時の流れの中で、どう生きていくのか、どうやって生きて行けば良いのかを道しるべを示してあげなくてはいけない立場に私たちはいるのだと思います。

結局私たちがこの時代を作っているわけなのだから、私たち自身の考え方や行動が反映されているのではないでしょうか。

もちろん社会が悪いとかそういうことではなく、良くも悪くも、今のこの社会は私たち一人一人から成り立っていると思うと、まずは自分がどうあるべきなのかをしっかり持っていなければならないと思うのです。

子育てをしていると気がつくのは、子供はどうやってしゃべれるようになったり、いろんなことができるようになるのかというと、まずは“まねっこ”なんですよね。

なんでも親のマネをするんですよね。

これはもうどうしようもなくて、だからこそ今働き盛りの20~50代の現役世代の我々“親(大人)”たちがどう生きるかによってこの先の時代は大きく変わっていくのだと思います。

“~死ななくていい人たちが死んで行く。もし全ての命を大切に思うなら、もっと素敵な場所にしよう、君たちや僕のために。~”

、マイケルはやはり偉大ですね。Heal the worldには今、まさに日本人が考えなければならないことが詰め込まれている気がします。

マイケルのこのメッセージ、もっとたくさんの人に届けばいいのに。。。

Give Me The Simple Life

2012年6月30日

国民のほとんどはそう考えているはずです。

別に贅沢なくらしがしたいわけではない。

毎日ご飯が食べれて、笑ったり怒ったり悲しんだり喜んだり。

一生懸命日々の生活を生きている我々をバカにするのはもういい加減やめてほしい。

もう勉強不足な僕だっていろいろわかる。電力会社という化け物と国を司る人たちのおかしな仕事ぶり、行き場のない使用済み核燃料、新しいエネルギーの可能性。

今はなんともないかもしれないけど、現に40年前からやってきたことが今どんな結果になっているかを見れば簡単。

僕には2歳になる子供がいる。

彼たちが30歳、40歳になった時にこの国がどんな風になっているか、なんでシンプルに考えられないのかな?

消費税はいいと思う。ちゃんと使ってくれれば、それこそ30~40年後には老人ばっかだろうし、いろいろ公的な福祉が今よりさらに充実しててくれないと困ると思うし。

ただ、それと同じようにエネルギーの問題をどうして”せいじせいめい”とやらをかけてできないのかな?

僕はもうすぐ40歳になるけどすごく幸せです。

息子が40年後に同じようになっているように願って止みません。

本来は原発なくそうだったのが、再稼働やめようになってしまっているけど、100歩譲って、それだけでも無理なんですかね?

「ね~、エラ様、どう思いますか?」

音楽のちから~You’ve Got A Friend~

2012年5月20日

ものすごく月並みな感じのタイトルなんですが、やはり私の場合こんな素敵なお仕事をさせてもらっておりますので、日々実感することが多いんです。

幸せな時はそのhappyな感じをさらに大きくしてくれるし、悲しいときはその悲しい思いを癒しつつ溢れる感情を爆発させて、涙とともに体内から発散させてくれるし、なんだか無条件に楽しいときは体を揺り動かしてくれるし、怒りをぶつけるがのごとく激しくなれる音楽もある。

またしても久しぶりのブログ更新となってしまいまして、時期は少し前になりますが、3~4月は別れや出会いの時期で、この曲を耳にする機会も多くその素晴らしい楽曲、歌詞にやられますよね。

<あなたが元気なく、悩むとき
あなたが愛の慰めを望むとき
すべてうまくいかぬとき
そっと目を閉じて、私のことを考えて
私はすぐに飛んでゆく
とても暗い夜さえも、私は明るくしてあげる >

これを聴くときその人それぞれ、case-by-caseだとは思いますが、私の場合なんだかいつも家族のことばかりで恐縮ですが、やはり妻や息子のことを思い浮かべてしまいます。

とにかく今、私の人生は家族のおかげで常にキラキラ輝いている。そんな家族がもし困っていることがあればそのためにいつでも飛んでゆきたいと。

それが、人によっては親であり、友達であり、いろいろだと思います。

店ではそういったことが無数にあるんですよね。

就職、転勤、結婚、独立、失恋、などなど、僕の前を様々な人間ドラマが通り過ぎてゆく、その瞬間瞬間でそれぞれが助けたり助けられたり。

先日も大変嬉しかったのはあるお客さんが、転勤で札幌を離れることになったので、店に来れなくなるので、その前にとわざわざ顔を出してくれたかたがいたりして。

もしくはいつも二人できていたのにお一人でいらして、いつも一緒に来ていたお友達が転勤で札幌を離れてしまったことを報告しに来てくれたり。

僕のようのなものに会いにわざわざ来てくれる。

そんな方々が次にジャムジカを訪れた時に,変わらずに店がそこにあるように頑張っていかなければと思わされるわけですよね~。

と、そんなことを思ったりしている今日このごろでした。

ということで、なんだかんだ言ってもやはりこの人のが一番イイ!

Donny Hathaway – You’ve Got a Friend

星めぐりの歌

2012年3月21日

久しぶりの更新!

またまた大変ご無沙汰してしまったわけですが、そうですね、いくつかの心をゆりうごかされたことをダラダラ書いてみようかと。

まず、前にこのブログでも少し触れましたが、とあるミュージシャンの方が、大病を患いしばらく手術、入院、療養のためにおやすみをしていまして、その方は、この北海道にとってももちろんそうですが、僕にとってもとても尊敬している、かけがえのない人で、それ自体大変ショックなことでした。そして2,3ヶ月たった先日もちろんまだ全快ではないのですが、お知り合いのミュージシャンのライブに顔を出してくれて、少し飛び入りで演奏したりしてくれました。

それが、思っていたよりお元気そうで、演奏も相変わらず、素晴らしくというかむしろ壮絶な体験をなさった後だからか、より一層凄味が増していたような気さえしました。

その方自身はもちろん病後療養中ですし、前のそれとは全く違う人生を歩むこととなったわけですが、冗談で”なにかありましたっけ?”位のことを言いあってしまえるくらい元気な姿を見せてくれたんです。

そして、その方から発せられる“音”を聴いた時、胸が、目頭がとても熱くなりました。”信じぬく”、”生きる”、ってこういうことなんだなと。

あと、全く次元の違う、これは私事になるのですが、先日、溺愛中(な様子はコチラ)の息子(1.8才)が少し風をひきまして、まぁ病院連れてったり一通りやって夜のお仕事に出かけて帰ってきてら、こんなメモがありました。

 

 

 

 

 

これを見て

“あぁ、今オレにはこの小さな命とそれを一生懸命守り、育てている妻というかけがえのない二人がいるんだなぁ”

とつくづく思ったのです。

なんかくだらないことかもしれませんが、“これが生活なんだよなぁ”と、こういう小さなことでも心に突き刺さるなにかがありましてウルっと。笑

あるボーカルの方が宮沢賢治の“星めぐりの歌”をよく歌ってまして、つい先日もその方がライブで演奏しているのを聴いていて、その詩がいつもに増して心に突き刺さりました。そのユニークに、美しくいろいろなものに例えられた数々の星のようにこの二人にとって僕は明るく光る星になれているのだろうか、そしてこれからもずっと二人を照らし続けていけるのだろうか。というか照らし続けなければならない。

なんだかあの震災や、それに伴うエネルギー問題、放射能の恐怖、政治不信、不況、増税、、、etc、などなどなんだか暗い雰囲気の昨今の世情と、自分個人の状況はといえば店をなんとか維持していくのが精いっぱいの現状に気持ちが負けそうになったりもする日々の中で、こうした、小さな暖かい灯のようなものを感じとったり。

なんか時期的なもので、なんとか年を越したと思ったら、商売上ちょっと苦しめな1,2月があって、毎年この時期、なんかネガティブ投稿!?になっているような?笑

わかっているのなら何とかすりゃいいじゃんっというツッコミが聞こえてきますが。。。笑

まぁとにかく上を向いてがんばりまっしょい!ということでした~!もうすぐ新年度だし!?春だしい~。

http://www.jamusica.jp/index.html

店のライブで初めて聞いたんだけど、なんか泣けてきちゃいました。少し弱っている(酔っている?)かも。オレ。笑
「ひとつだけ 矢野顕子×忌野清志郎」