Archive for the ‘おススメライブ情報【JAZZ】’ Category

明けましておめでとうございます。

2017年1月3日

あらためましてあけましておめでとうございます!

昨年もほんとうにお世話になりました、おかげさまで無事2017年度を迎えることができました。

2016年もほんとうにいろいろありました。

悲しいお別れもたくさんありました。

札幌の音楽業界に衝撃が走るような重要な方々が亡くなりました。その影響たるやほんとうに大きいものでしたが、それを乗り越えていく周りの方々から勇気をもらったことも確かです。

が、その反対にたいへん喜ばしいこともたくさん。

結婚、おめでた、出産。。これもいろいろありましたね~、開店当時まだ学生だったあの人とかあの人とか。。時の流れを感じてしまいます。。その分自分も歳を重ねているということですがね。

そしてそして、2016年の最大の出来事はこのジャムジカ開業の原点である母が、ジャズボーカリスト「エラ斉藤」としてCDデビューを果たしました!

Print

まぁ地道に活動を続けてきただけあり、とある縁がきっかけでなんと全国流通での発売という、それはありがたいお話しをいただきまして、73?74?になる母ですが、健康で元気に過ごしているだけでもありがたいことなのに、、まさかの!という感じでした。それもお相手はあの秋田慎治さん!というこれまた豪華なことです!この方のそれは素晴らしい表現力のおかげでほんとうに素敵な仕上がりとなっていると思います!

もしお時間ありましたら、詳しくは下記リンクをご覧ください。視聴や、私が書かせてもらいました拙い紹介文なども観ることができます。

My Songs / Ella Saito

また、Amazon他、大手通販サイトでも購入可能となっております。

マイ・ソングス / Amazon

もしも、ご興味ある方いましたらお店にも在庫しております、どうぞお気軽にお問い合わせください。

また昨年はジャムジカでのライブ録音盤も発売されました。

本山禎朗「Two Books Trio」、本間洋佑「Live at JAMUSICA」の2枚です。

どちらもライブレコーディングという、彼らの「今」のありのままをおさめた素晴らしい作品になっています!

これらもお店で取り扱いございます、ぜひご購入オススメします!

t02200217_0714070513728723223
Two Books Trio
15319520_1195501317163983_1860750408_n
本間洋佑「Live at JAMUSICA」

何卒よろしくお願いします!

また2016年度は、12周年企画として「Monthly 3days!」と題して、毎月優れたミュージシャンにスポットをあて、3デイズ企画を毎月やらせていただきました。

1月、古舘賢治さん、2月、山田丈造さん、3月、町田拓哉さん、4月、齊藤桃子さん、5月、本間洋佑さん、6月、竹村一哲さん、7月、大島さゆりさん、8月、蛇池雅人さん、9月、板谷大さん、10月、吉田つぶらさん、11月、中島弘惠さん、12月、小野健悟さん

%ef%bc%93%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba

みなさん、趣向を凝らした素晴らしい内容で楽しませてくれました!札幌には本当に優れたミュージシャン、パフォーマーがたくさんいるんだなということを改めて思い知らされました。

この無茶ぶりともいえるオファーをお受けいただいたみなさま、この企画にお越しくださいました皆様、あらためましてほんとうにありがとうございました!

そして今月、その「Monthly 3days!」のスピンオフ!?番外編!?的な企画として、僕個人としてもイチオシの、札幌音楽界最注目!?ギタリスト、「碓井佑治」さんをフィーチャーした、題して、

【まさかの碓井くん3デイズ!】

という超ビッグイベントがあります!すでに上半期一番の台風になりそうな予感!(笑)

特にギタリストと言えば、なんでも器用にこなしてしまうことばかりが目立つプレイヤーが割と多い昨今ですが、彼はそんじょそこらのギタリストとは違いますよ!彼のプレイは、何と言いましょうか、会場で、現場で、その場の空気、空間すべてこみで、体で、魂で感じてこそ価値のある、今時珍しいタイプのギタリストなんです!

とにかく、メンバーなどのラインナップを見ていただければ(わかる人には)お分かりの通り、どれも激熱間違いなしです!

こちらも、何卒よろしくお願いいたします!!!

 ↓

1%e6%9c%88%ef%bc%93%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%baa

まぁそんなこんなで、2017年、なにがおきるかわかりませんが、本年もそんなジャムジカをどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

ジャムジカ HP

広告

Mo’ Roots !

2011年3月1日

1、2月のブログはどうも愚痴っぽくって。。。反省。やれ大雪のせいで商売大変だとか、息子がかわいすぎて仕事がはかどらない(愚痴?)とか。。。いろいろ周りのせいにしてばっかで。先日その罰が当たりました。すぐにばれると思うので、報告しておきますが、100%自分のミスで軽~くボヤ騒ぎ!?など起こしてしまいまして。。。自己嫌悪、猛省!!当日のバンド関係者、とくにお客様にはこの場を借りてご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。ご来店いただき何事もなかったように楽しんでいただいたことに本当に感謝しております。

早いもので、もう3月!卒業やら就職、転勤など世の中がざわざわし始めていますね。なんかボケっとしているとあっという間に今年も終わりー!みたいになってしまいそう。。。気を取り直して頑張ります!

そうそう先日ライブが終わったあとしばらくして入ってきたご老人(80代位?)がなんかもう酔ってて言ってることよくわからないのだけど、もうとにかくジャズが好きでというのは伝わったのですが、最終的に「シナトラ聴きたいな~」なんて言い始めて、探してみたらCDがあったのでかけてみたんです。もうお客様も他にいらっしゃらなかったので、結構大音量でかけてたら、そのご老人がどんどん興奮していき、1曲終わるごとに拍手!そして中盤からはなにやら50年前の記憶がよみがえったらしく、大号泣!!酔っぱらてきたのにタバコふかしながら、ビール3,4杯飲んで、もうなんか大丈夫かなと思ったけどちゃんとお帰りになったみたいで。

まぁそんなことがあり、ちょっと感慨深いものがありました。音楽の力?を目の当たりにしたというか。いい音楽を後々まで伝え残していくということがいかにすごいことか。今現在古い音楽(ジャズ、ブルースなど全般)を若い人が演奏したり聞いたりしているのもなにかとてつもない魅力があるからなわけで。すこしでも多くの人にそれを届けるお手伝いをしていければと思う今日この頃でした!

ということできちんとライブの告知など。

3月は、よりルーツミュージックにこだわったライブがもりだくさんなので、ご紹介します。ルーツミュージックといってもいろいろありまして、今回紹介するのは、なかでもアメリカ南部の生活に密着した、土っぽ~い音楽です。

まずはこちら3/5 (Sat)“We love Roots music!”。札幌でルーツミュージックといえばこの人、じゃいあん青木さん率いるジャイアンリサイタル。こちらのバンドは古~いスイングジャズやなんかの歌を日本語詩で歌ってくれる、どちらかといえば楽しい~ノリ重視のサウンドなんです。音楽自体もちろん素晴らしいのですが、いわゆるMC,やライブの運びかたがまた最高!これは常々思っているのですが、このMC,やライブの構成のしかたによってその音楽もかなり左右されます。基本的には演奏家なのだからしゃべりがうまい必要はないのですが、得意でも不得意でもそれなりの感じでやってくれればいいのですが、なかなか苦労している方のほうが多いように見受けられます(これって批判?)。そしてその仲間たちがまたこだわりの音を聞かせてくれます。北海道を代表するデキシーバンドジョニー黒田&DixiePrinceの弟分?的なバンド“ジェニー藤田とディキシーバード”。メンバーは皆とても若く、こういう若い人たちが古い音楽をがんばっているのだから、応援せずにはいられない。そしてもう一組、ドライブ。このバンドはジャィアンリサイタルがスイング、オールドジャズなほうにこだわっているのに対し、よりカントリーやブルーグラスといったものへの愛情が感じられる。そしてやはり日本語詩で歌ってくれるので、ルーツ音楽がどうのこうのなんて関係なく、入ってくる。そのオリジナルの詩世界も大変評判で他のミュージシャンによってカバーされることもしばしば。いきなりルーツミュージック3本立ての豪華対バンライブ、ぜひどうぞ!

☆そんなわけでまるでバンマスのように手振りでキメの合図を出していた(笑)ご老人のリクエストで改めて聞いたFrank Sinatra ~All of Me~ アレンジのゴージャス感がヤバイ。ルーツミュージックという感じではないけどね~。





秋の夜長。

2010年9月18日

札幌もやっと秋らしくなってきましたね。僕は札幌に住んで、ちょうど12年になるのですが、そのたった12年の間でもこんな感じの夏~秋は初めてでしたね。札幌で生まれ育った人には本当に酷な夏だったのではないでしょうか?

やはり地球温暖化、異常気象。。。etc なにかがおかしくなっているのでしょうね。ただそれでもここ1週間は北海道らしく涼しく(寒く!?)なりホッとしますね。

なんだか気候のせいにばかりするのはアレですが、とても過ごしやすくなり、最近さぼりがちだったパソコン作業もはかどるのでこの秋のピックアップ情報を今回は楽器別(特に意味はない)にお知らせいたします。

◎道外からいろいろな人たちやってきます。その1~ギター弾き編~

☆9/20(月・祝)【Acoustic Instrumental】岡崎倫典Solo Live

☆10/4(月)【Jazz Fusion】 SHIFT 2ndアルバム“MayBe MayBe”発売記念ツアー 大西慶人(b) 蛇池雅人(as) 佐田慎介(gt) 泉谷和宏(gt) 佐藤裕一(dr)

☆10/9(土)【Acoustic Instrumental】 岸部眞明Solo

☆10/28(木)【Acoustic Instrumental】 “5 Guitars Night”★わたなべゆう(京都)★池庄 ★橋本眞秀&古舘賢治 ★カポウ

※バリバリフュージョン系、癒し&馬鹿テクのアコースティックギターなどいろいろ。ギター好き集まれ!

◎道外からいろいろな人たちやってきます。その2~ウッドベース(ジャズベーシスト)編~

☆10/19(火)【Jazz】 “Rainbow/ベスト・オブ 中村健吾 CD発売記念ツアー 中村健吾~林正樹デュオ”    中村健吾(b) 林正樹(pf)

☆10/4(日)【Jazz】 “堀田有希(from 京都)+吉岡直樹(名古屋)Trio”    堀田有希(vo) 吉岡直樹(b) 板谷大(p) 伊藤宏樹(dr)

☆10/30,31(土,日)【Jazz】 鈴木良雄 “Generation Gap” 2days!  鈴木良雄(b) 中村恵介(tp,flh) 山田拓児(as,ss,bcl)ハクエイ・キム(p) 大村亘(d)

※若手~中堅~ベテランと、一口にジャズベーシストといっても様々です。実は主役にもなるんです。ウッドベース好き集まれ!

◎道外からいろいろな人たちやってきます。その3~サックス、トランペット(ジャズ)編~

☆9/23(木・祝)【Jazz】村田浩 & THE BOP BAND 村田浩(tp) 岡田嘉満(ts) 松本全芸(pf) 矢野伸行(b) 宮岡慶太(dr)

☆10/5(火)【Jazz Fusion】 宮崎隆睦×熊谷望Special Session    宮崎隆睦(as,fromTokyo) 工藤拓人(p) 三浦剛志(d) 熊谷望(b)

☆10/6(水)【Dixie Jazz】 下田卓(kansas city band)+ジョニー黒田&ディキシープリンス  下田卓(Tp.Vo)ジョニー黒田(Dr)阿部裕一(Tp)酒本ひろつぐ(Tb)舛田俊英(Cl)板谷大(P)滝川祐三(Bj)豊田健(B)

☆10/8(金)【Organ Jazz】 小濱・泉 名古屋バンド    小濱安浩(ts) 宮川純(org) 泉功一郎(g) 舘山健二(ds)

☆11/6(土)【Jazz】松原衣里Quartetto+1  松原衣里(vo) 南山雅樹(p) 柳真也(b) 伊藤宏樹(dr) Guest 加藤大輔(sax) from Paris

※どフュージョン、どバップ、どデキシー。。。etc、濃い~面々。やっぱ楽器はサックス、トランペット(花形だよね~)でしょ!もうみんな集まれー!

とまぁこんな感じでおかげさまで、この秋も大変充実しております!ジャムジカはこの他にも毎日ライブやってます!

あ!っという間に雪深~い冬ですよ~(いやだな~)。ぜひ芸術の秋を体感しに来てください。

上記のラインナップの中から、個人的にタイムリーなタイトル&pvなので、こちらを。

わたなべゆう  Original “Baby You'”



恵みの雨

2010年7月1日

とにかく毎日アツイ日が続きますね~。先日の日本中が燃えたサッカーも終わり、いったんクールダウンをするかのような久しぶりの雨。なんだかホッとします。

僕も年を感じるというか涙腺がゆるくなってきたようで、サッカーに思い入れなどはまったくなく、ルールや選手もろくに知らないのに、たまたま観れる時間だったので、テレビ観戦しましたが、試合が終わり、選手たちが手を取り合う姿には何かがじわ~っとこみ上げてきました。なんというか、スポーツ、映画、音楽、etc、、、感動を与えてくれるものはいろいろありますが、本質はどれも同じで、それは情熱なんですね~。情熱があるかないか、ひたすらそれに限るなと思いました。最後まで、ボールを追いかける情熱に感動したのだと思います。

音楽にとって情熱というものはそれこそジャンルや、技術や、経歴やらよりもっとも重要な要素ですね。これがなければ、どうにもなりません。そんなイイものをお届けできるように頑張りまっす!

ちょっと暑苦しい感じになってしまいましたが、7月もジャムジカはいろいろなライブイベントが充実です!

なかでもおススメの対バン形式(複数のバンドが出演するオムニバススタイル)のイベントをピックアップ。

①7/2 (Fri)【Jazz (2 man)】

Jazz Ensemble Night!~5sax vs 5tb!~

蛇池雅人(as) 土屋涼子(as) 斎藤寛子(ts) 岩佐怜依(ts) 鳴海あかね(bs) 福島誠(p) 柳真也(b) 宇野修(dr)

菅原昇司(tb.btb) 酒本ひろつぐ(tb) 早川隆人(tb) 塚原拓也(tb)渡辺麻子(tb) 板谷大(p) 瀬尾高志(b) 樋口千里(ds)

※蛇池氏によるサックス5本バンド、ヨンピルさんこと菅原氏によるトロンボーン5本バンドジョイントライブ!なにかが起こりそう!?

②7/17 (Sat)【Pops】

JAMUSICA Pop Night!

Tears Of Joy /MIST/なかにしりくトリオ/Norah Mitchell

※東京のTears Of Joy、札幌のなかにしりくトリオどちらもジャムジカ初登場バンドを含むポップス4バンド!

③7/19 (Sun)【Brasilian】

Musica do Brasil vol.2

[DJ] Kiri(Comfortable Bossa)

[Live]

pakiアベ ブラジル音楽プロジェクト: pakiアベ(p) 蛇池奈穂美(vo) ふかまちかずひこ(g) 勝本宣男(b) 長崎晃(dr)

COPA DOIS: 飛澤良一(gt) 児玉しほ(vo) 工藤拓人(pf,key)

※昨年に引き続きブラジル音楽祭第2段!夏はやっぱりサンバ、ボサノバ!

④7/25 (Sun)【Bluegrass music&Dixieland Jazz】

the American Music Night!

[Originator Dixie Bird] Jennie藤田(dr) 福井志乃(tp) 清原健(cl) 安田和美(tb) 井上惇志(p) 東海舞(tub)

[The Last Order] 津久井陽司(gt) 石川暁登(gt) 山田昌也(banjo)

功刀聡彦(fiddle) 兼平愛弓(ba)

※グッドオールドアメリカン!なカントリースイングイベント!楽しいですよー!

⑤7/31 (Sat)【Club Jazz】

~Abstract Jazz Lounge~

DJ:Fuminori Kagajo (scherzo)

LIVE: [Fuminori Kagajo Special Band] Fuminori Kagajo(PC,key) Kengo Ono(sax) Yasunori Sugo(tp) Takuto Kudo(key) Sumio Yokotsuji(gt) Sei Takeuchi(b)

[CHUVA CHUVA] 坂上啓介(pf) 工藤宏剛(sax) 石神建士(b) 塚野洋平(gt)

酒井元(Cajon) 鈴木耕太(Cajon) C4-詩譜音(Conga & Bongo)

[P-side] 山口達(ts,fl) REMI(key) 出口貴之(gt) 寺崎太郎(b) 坂根拓郎(dr)

※ジャムジカがおしゃれなクラブフロアーに!踊れますよー!

いづれもジャムジカが強力におススメする対バンイベント!お好みの音楽がきっとあるはずです。
ぜひご来場お待ちしております。

ジャムジカはこの他にも毎日ライブを開催!
詳細はこちらから!

Live&Dining JAMUSICA
札幌市中央区北4条西28丁目1-16ラ・ワイスビルB1
Tel: 011-612-1900

http://jamusica.jp

~Club Jazzって?という人におススメの面白いサイトを発見。~

➫ YoutubeでたどるClub Jazzの歴史(入門編)

odd Terje | New Morning | Raw Fusion 2005

いよいよ。

2010年5月28日

ジャズフェスの季節がやってまいりますね。今年で4回目となる札幌シティジャズ。初年度から賛否のいろいろな声が聞こえてきます。たしかに地元との密着感はあまり感じられなく(あくまで店側からの主観です)、ジャムジカのような個人経営の小さな店にとっては、札幌市がやっている巨大な観光事業のひとつにすぎず、いまいちつながりを感じずにいました。

しかし昨年、パークジャズライブコンテストで見事優勝した工藤拓人ピアノトリオは、昨今の某老舗月刊誌の廃刊など、閉塞感たっぷりのジャズシーンに風穴を開けてくれそうだ。そんなまだ20代なかばの3人組みによるアルバムが完成し手元に届いた。これがまた素晴らしい!

彼らの演奏はサックス奏者の小野健吾さんによるアシッドジャズバンドkengo.ThreadFlowのメンバーとしての完成度の高さは前から認識していたが、このトリオによる演奏はまさにスタイリッシュ&エネルギッシュ!ジャズ本来の高揚感たっぷりの、最近のイタリアなどヨーロッパのジャズシーンにもみられるような“ビバップの最新型”といえる、まさに現在進行形のジャズだ。

彼らのアルバム完成後初のギグがありますのでぜひぜひお越しください。会場でアルバム「BOOT DISK」先行発売となるらしいです。現在進行形の彼らにしか出せない音がきっと聞けると思います!

5/29(土)

工藤拓人Trio

工藤拓人(pf) 大久保太郎(b) 長崎晃(ds)

★¥1,600(要1 drink)★Open 19:30/Start 20:00

詳細➫http://www.jamusica.jp/

老兵たちの合唱

2010年5月18日

先日、ある常連さんから“これ読んでみて”と1冊の本を貸していただきました。普段ほとんど本など読みませんが、どうやら読むように勧めているのは短編集の内の“老兵たちの合唱”という1話だけなので、すぐに読み終えました。

1963年の、ニューオリンズ・ジャズの巨人、クラリネット奏者のジョージ・ルイス&ニュー・オリンズ・オール・スターズの日本で行なった歴史的ライヴに際していわゆる“呼び屋”の裏話的な内容のストーリーでした。

高度成長期?の日本の風景が目に浮かぶような感じ(もちろん僕はまだ生まれてませんが)でした。

時代を感じさせるドロドロした描写もありつつ、今も昔も音楽や芸術などの文化に携わるには、やはり情熱がすべての原動力なんだと思いました。

なぜその方がこの本を僕に持ってきたかというと、なんと!その現場(コンサート会場)にいたのだというのです。いや~なんと約50年前からジャズを愛し続けている方がうちのようなまだまだ半人前の店に来ていただいていると思うとほんとに恐縮ですね~。

音楽のジャンルやプレイヤーの経歴などにはとらわれない、つねに本物志向でありたいと思う今日この頃でした。。。

さて、そんな50~60年前(もっと古いかも?)の音楽に強いこだわりを持つグループのライブを紹介します。

①5/22(土) SOUL JAZZ UNIT

※戦前、戦後のジャズやブルースなど、そのこだわりは尋常ではありません。今回もタンスみたいな本物のレスリースピーカーを持ち込んで、マニア心をくすぐるこだわりのサウンド。もちろんマニアじゃなくても楽しいライブ!

②5/23(日)ジョニー黒田とデキシープリンス

※道内唯一のディキシーランド・ジャズバンド。もはやその実力は全国区です。なにも考えずに楽しめる!札幌・オール・スターズ!

③5/25(火)札幌ホットクラブ

※今年生誕100周年のジャンゴ・ラインハルトをこよなく愛するギターリスト、滝川裕三さんによるこちらもこだわりのバンドサウンド。その演奏はすごいクオリティです!


どれも必見のライブです!詳しくはこちら http://jamusica.jp


※また一人老兵が。。。ご冥福をお祈りします。

Hank Jones – In A Sentimental Mood

いよいよ今日から!

2010年5月1日

Vodpod videos no longer available.

5/1(sat) 【Jazz&Pops】伊藤由里子with Vivid Cakes

※実力派シンガー伊藤由里子さん率いる、とてもポップ&キャッチーな感じのバンドです!

5/2(sun) 【Latin Jazz】森山章子(vo)/MIO(vo)/青木里絵(vo)/Hikaru(vo) with 市川芳弘TRIO

※札幌ラテンジャズ界を代表するピアニスト市川さんによるボーカルナイト!

5/3(mon) 【Soul/R&B/Rock】NATSUKI with 小嶋とおるバンド

※パワフルゴスペルシンガーNATSUKI さんがゴリゴリのブルースロックバンドを従えて。激しいステージの予感!

5/4(tue) 【Soul/R&B/Pops】もちべーこんず&SOLWANCO&Natsu&大島夕采

※ユニット×2、弾き語り×2。オムニバススタイルのアコーステイックナイト!

5/5(wed) 【Jazz】松田宮佳&板谷大Quartetto ★Start 19:00

※実力派・本格派ジャズボーカル!!とにかくジャズボーカルが好きだという方にはおススメです!

5/6(thu) 【Jazz Fusion】早川絵里可グループ

※都会的なSOUL,R&Bです。ちょっと大人の雰囲気で。

5/7(fri) 【Jazz Fusion】MAYUMI with Latte

※正統派ゴスペル系ボーカリスト。バックを務めるLatteの演奏も聴きごたえあり!

5/8(sat) 【Pops】高橋智美Group

※とりを飾るのは、ポップス~ジャズまで幅広くこなし、最近では初のオリジナルアルバム『旅の果て』が好評を博している高橋さん。

お問い合わせ

Live&Dining JAMUSICA
札幌市中央区北4条西28丁目1-16ラ・ワイスビルB1
Tel: 011-612-1900

http://jamusica.jp

4月、本気ジャズ!その1

2010年3月23日

昨日開催されたジャムセッション。ジャムジカは定期的にはセッションはやっておらず(ボーカル限定は定期的にやってます。)、実に2,3年ぶり!?(前がいつだったか定かではない位)久しぶりの開催となった。セッションホストは人気のベーシスト柳真也さんということもありたくさんのプレイヤーが集まった。アマチュアからプロ、セミプロとただ見ているだけでも見ごたえのあるレベルの高いセッションが4時間にわたって繰り広げられた。とくに20~30代の若い人が多く札幌のジャズは熱く盛り上がっているんだと改めて思い知らされた夜となった。今後が楽しみだ。

さて、そんな札幌のジャズをより一層熱く盛り上げてくれるライブを紹介します。特に4月はジャムジカが自信を持っておススメするジャズライブが盛りだくさん!

まずは、1日、2日、7日の3本を紹介。

①4/1 (Thu)

ミキオとタカオ 北海道ツアー

渡邉隆雄(tp) 石田幹雄(p) 北垣響(b)

★¥2,500(要1 drink)★Open 19:30/Start 20:00

※いつも心に直接心に訴えかける音を届けてくれる石田幹雄さんが、“忌野清志郎&Nice Middle with New Blue Day Horns”などでの活動で知られる渡邉隆雄さんとともに来札。

前回の吉田隆一×石田幹雄DUOでも圧倒的な破壊力と美しさのパフォーマンスを見せてくれた石田さん。

今回は石田さんの同期で旧友の、札幌ジャズ界に欠かせない存在となっているベーシスト北垣響さんをゲストに加えて、より一層楽しみだ!

’08年より拠点を東京に移してからさらに磨きのかかった石田さんの独特のプレイスタイルはつねに現場主義。

とにかく見逃せない!!

②4/2 (Fri)


蛇池雅人sextet

蛇池雅人(as) 阿部裕一(tp) 酒本廣継(tb) 板谷大(p) 辻充浩(b) 宇野修(ds)

★¥2,000(要1 drink)★Open 19:30/Start 20:00

※近年ますます精力的になっていく蛇池雅人さん。東京、NY、北海道各地を縦横無尽に駆け巡る蛇池さん。

その蛇池さんが満を持して立ち上げた3管編成の正統派ジャズセクステット。

“古くて新しい、それがジャズ”と公言する彼の言葉通り、伝統的なスタイルを貫きながら新しい何かを生み出そうとする彼のストイックな姿勢には目を見張るものがある。

ジャズはアレンジが重要と考えるあなた!これを見ずして現在進行形の純度100%札幌ジャズを語れませんよ!

③4/7 (Wed)

野瀬栄進Quartetto

奥野義典(as) 野瀬栄進(p) 舘山健二(dr) 瀬尾高志(b)

★¥3,000(要1 drink)★Open 19:30/Start 20:00

※NY在住のピアニスト野瀬栄進さんの1年に1度観れるか見れないかというカルテット。

故郷北海道に帰ったときは昔からこのメンバーだという気心知れたメンツ。

張り詰めた緊張感の中から紡ぎだされる音はまさにこの瞬間この場所でしか味わうことのできないもの。

NY在住という洗練されたイメージだけが先行しがちだが、そこはこのメンバー、ガチでのぶつかりあいがおもしろい!

☆“古くて新しい、それがジャズ”いい言葉ですね。

蛇池雅人さんおススメ最新動画(動画じゃないけど)。

Lennie Tristano Sextet 1949

☆がっつり本気のジャズをぜひ体感しにいらしてください!

その他いろいろな詳細はこちらから!

Live&Dining JAMUSICA
札幌市中央区北4条西28丁目1-16ラ・ワイスビルB1
Tel: 011-612-1900

http://jamusica.jp






【3月おススメライブ】

2010年3月2日

3/3 (Wed)
札幌ホットクラブ(Gypsy Swing)
滝川裕三(gt) 山本としつぐ(gt) 豊田健(b) 板谷大(p) 鈴木裕(vl)
★¥1,800(要1 drink)★Open 19:30/Start 20:00

大好きな映画の一つ「ギター弾きの恋」。ジャムジカを開店する際、内装のモチーフのひとつをこの映画にしていた位好きな世界観。ジプシースイング。

このバンド、とあるサイトでみつけてすぐにオファー。まさにこんなバンドをさがしてた!今回で3~4回目?になるが回を増すごとにより充実のバンドサウンドに。つねにセッション重視のジャズ畑のバンドとしては、珍しい。このメンツだからこそ成り立つ技術に裏打ちされた、ルーツミュージックならではのフィーリング重視のジャンゴサウンドは心地よいの一言!札幌屈指のスインギーな面々によるバンド。 ジャンゴ生誕100周年という節目の今年は、彼らの活動に注目!!

ぜひご来場を!

Live&Dining JAMUSICA
札幌市中央区北4条西28丁目1-16ラ・ワイスビルB1
Tel: 011-612-1900

http://jamusica.jp

Django Reinhardt – Nagasaki